CBD Store

コロラド州大麻使用統計

コロラド州が娯楽用大麻も合法化して以来、成人用大麻が依然として違法である州と比較し、疼痛(とうつう:ズキズキとうずくように痛むこと)に対するオピオイド処方の量が大幅に減少していることが新たな研究で明らかになりました。 医療用大麻への合法的なアクセスとオピオイド使用 米国で大盛況の大麻ツアーに潜入 参加者には日本人の姿も - ライ … アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、ネバダ州、オレゴン州、ワシントン州の6州では大麻関連ビジネスが活況を呈しているが、とくに 米国、大麻で盛り上がる観光産業 | ナショナルジオグラフィック … コロラド州では、大麻使用を許可している施設を検索できる「TravelTHC」なるサイトまで存在する。 今のところ、州当局も新たな観光産業の盛り上がりを歓迎している。その狙いは明らかだ。 大麻販売には約10%の税金がかけられており、コロラド州では既に コロラド・マリファナ・ロードトリップ──佐久間裕美子 | WIRED.jp

2018年1月2日 一方、西部コロラド州では合法化後、大麻使用者の交通死亡事故が増加 月のギャラップ社の調査では、大麻の合法化に賛成の成人は64%で、統計を 

大麻解禁から5年、コロラドに生まれた新たなビジネス « 大麻堂 …

米国、大麻で盛り上がる観光産業 | ナショナルジオグラフィック …

世界の大麻合法国・都市の現状を知ろう|特集「カナダ・マリ … また、コロラド州では若年層のマリファナ使用率が全米平均より74%も高いという統計が出ており、マリファナを使用する大学生はそうでない大学生に比べて学業で悪い成績を収めるという研究結果もある。 コロラド州、合法大麻の税収で得た5000万円を地元学生の奨学金 … 合法大麻の税収を有効活用しているのはコロラド州だけではない。 2016年に大麻の娯楽使用を合法化し、2018年から小売店での販売を開始するカリフォルニア州では、大麻の購入に対して15%の税金が課され、年間で最大10億ドル(1000億円以上)の新しい税収が 大麻合法化で8000億円の経済効果期待 カリフォルニア州でも国 … これまでに米国51州中、過半数の州で娯楽、あるいは一部の医療用大麻の使用が認められていますが、こうした合法化による「大麻市場」からは

2014年1月2日 【ロサンゼルス=共同】大麻の規制を2012年11月の住民投票で大幅に が決まった米西部コロラド州で1日、全米で初めて大麻の販売が解禁された 速報 · アクセスランキング · トピック一覧 · 人事 · おくやみ · プレスリリース · ビジュアルデータ · 写真 · 映像 · 社説 · 統計 両州とも21歳以上なら1オンスまでを所持し、使用できる。

2012年、ワシントン州の住民投票で使用が合法化されたのを皮切りに、2014年1月にはコロラド州で娯楽目的の大麻使用が解禁されるなど、その動き 米コロラド州が大麻を合法化、販売解禁 全米初 :日本経済新聞 【ロサンゼルス=共同】大麻の規制を2012年11月の住民投票で大幅に緩和し、酒やたばこと同様に嗜好品として合法化することが決まった米西部