News

オレゴン大麻栽培者リスト

2013年10月25日 “Google Earth”は今や警察も頼りにする優れモノ。豊かな自然を自慢としているアメリカ西海岸のオレゴン州で、警察はひとりの男が郡立公園に囲まれた広大な敷地の中で、こっそりと大麻を育てていることをGoogle Earthで確認し、逮捕した。 2013年10月24日 オレゴン州で大麻の違法栽培をしていた人物が、「Google Earth」に写った農園の衛星画像が原因となって警察に逮捕された。 2016年3月18日 現在各国ではマリファナとして利用する大麻(高THC品種)、抗癌剤などの研究用大麻(高CBD品種)と、いわゆるキマる 大麻取締法も別に栽培を禁止しているわけではなく、免許制になっただけなのですが、GHQからの要請もあってあまり出したくなかったようです。 私は今アメリカのオレゴン州に住んでいますが、2年前ぐらいから大麻を作る事も販売する事も合法になりましたので、大麻を栽培したいと思っています  その他, 大家は、自身の土地/物件にてマリファナ(大麻)の栽培や使用を制限することができる お隣アメリカでは、29州及びワシントンDCで医療用マリファナ(大麻)が合法化されていて、コロラド、ワシントン、オレゴン、ネバダ、カリフォルニア、アラスカ、 

プロテニスプレーヤーと元AV女優が大麻の所持で逮捕されてしまいました。この手の事件が起こるたびにいつも疑問に思うのですが、自宅で大麻を所持したり、栽培したりして逮捕されてしまう人というのは、なぜやっていることがばれてしま

2018年2月21日 2018年1月より、私の住むアメリカ合衆国カリフォルニア州では嗜好・娯楽目的の大麻(英名カンナビス)の売買、所持が合法化されました。 深緑が全面合法化の州(アラスカ、カリフォルニア、コロラド、メイン、マサチューセッツ、ネヴァダ、オレゴン、ヴァーモント、ワシントン)と ・1オンス(約28グラム)までの所有と、栽培は最大6株まで可能。 グリーンズについて · メンバーリスト · 企業・行政の方へ · 採用・寄稿募集. もちろんご存知だとは思いますが日本では、マリファナ(大麻)は「麻薬」として厳しく規制されています。使うだけでなくただ持って アラスカ州; ワシントン州; オレゴン州; コロラド州; メイン州; カリフォルニア州; マサチューセッツ州; ネバダ州. なお、嗜好品としての  2015年9月14日 トマソン氏は5年以内にオレゴン州内で、産業用ヘンプの作付面積を約40平方キロ(東京都江東区の面積とほぼ同じ)に増やそうと計画しているが、大麻生産者との対立を避けるために、花粉をもつヘンプの雄株を温室内で育てている。

その他, 大家は、自身の土地/物件にてマリファナ(大麻)の栽培や使用を制限することができる お隣アメリカでは、29州及びワシントンDCで医療用マリファナ(大麻)が合法化されていて、コロラド、ワシントン、オレゴン、ネバダ、カリフォルニア、アラスカ、 

米国が世界第3のヘンプ生産国に躍進 | hemptoday-japan アメリカのヘンプ(産業用大麻)推進団体 Vote Hemp によると、2018年にアメリカは世界のヘンプ栽培国のトップランクに入りました。同国のヘンプ栽培面積は3倍の伸びを記録し、合計78,176エーカー(約31,000ヘクタール)に達しています。 えっ、こんなにあるの!?大麻合法の国と非犯罪化の …

合法化が進むアメリカの大麻(マリファナ)事情 - 孤帆の遠影碧 …

2018年5月2日 2016年に大麻を合法化したオレゴン州政府は、ディスペンサリーと呼ばれるマリファナ販売店に17%の税を課している。 さらに各市・郡は3% さらに栽培業者、大麻版の車検検査を行うテスト業者、ディストリビューターと様々である。 これらは  2018年2月21日 2018年1月より、私の住むアメリカ合衆国カリフォルニア州では嗜好・娯楽目的の大麻(英名カンナビス)の売買、所持が合法化されました。 深緑が全面合法化の州(アラスカ、カリフォルニア、コロラド、メイン、マサチューセッツ、ネヴァダ、オレゴン、ヴァーモント、ワシントン)と ・1オンス(約28グラム)までの所有と、栽培は最大6株まで可能。 グリーンズについて · メンバーリスト · 企業・行政の方へ · 採用・寄稿募集. もちろんご存知だとは思いますが日本では、マリファナ(大麻)は「麻薬」として厳しく規制されています。使うだけでなくただ持って アラスカ州; ワシントン州; オレゴン州; コロラド州; メイン州; カリフォルニア州; マサチューセッツ州; ネバダ州. なお、嗜好品としての  2015年9月14日 トマソン氏は5年以内にオレゴン州内で、産業用ヘンプの作付面積を約40平方キロ(東京都江東区の面積とほぼ同じ)に増やそうと計画しているが、大麻生産者との対立を避けるために、花粉をもつヘンプの雄株を温室内で育てている。